自動車の下取りで高額価格をもらう一番簡単な方法

自動車の下取りで高額価格をもらう一番簡単な方法

下取りをするときに高額な価格を出すためには、ディーラーと話すときに下取りなしの新車の価格を教えてもらうのが一番簡単で正確な方法なのです。

 

なぜ下取りをするつもりなのに、ない時の価格を聞いておくのかという理由は、下取り価格がディーラーの値引き交渉の最大の武器になってしまうからです。

 

きちんとした新車の値段がわかっていないと、どれだけ正確に割引きをしてくれるのかわかりません。
たくさん割引きをしてくれる風に見せるために、本当は高い値段で下取りしているあなたの車の値段を隠しているディーラーはたくさんいるのです。

 

まずは、2台目の車にするからとか言って、下取りなしの新車の値段をきちんと教えてもらわないと10万単位でごまかされてしまうので、初心者にとって一番簡単な高い料金で下取りをしてもらうには、この方法が一番分かりやすいです。

 

後から考えると恐ろしいですが、下取りからすべてディーラーに任せておくと、結局愛車を手放す時の料金がいくらだったのか正確な料金が分からないまま、新しい車に乗り換えてしまうことになります。

 

この方法なら、値段がきちんとわかるので、その点を突いて交渉すれば料金アップも可能です。
少し面倒かもしれませんが、しておくと料金が変わってきます。

下取りでローンがまだ残っていたらどうするのか

まだローンが終わっていない車は、所有権はローンのクレジット会社かディーラーになっているはずですから、所有権を解除しなければ車を下取りに出すことはできないようになっています。

 

この場合は二つやり方があります。

 

下取りにローンが残っている車を出して、その下取り価格で車を買い取ってもらうという方法です。
ローンの金額より下取り価格が多ければ金額が戻ってくるのでその分新車に上乗せできますし、足りない場合は新車を買う時に頭金として足りない料金を上乗せして、下取り会社に車を買い取ってもらいます。

 

もう一つの方法は、新車を買う時にローンを上乗せする方法です。

 

返済額が増えますが、一度に高額の料金を払わなくて済みますので、一般的に言うローンの組み換えということになりますが、この方法でも下取りをしてもらいます。

 

どちらにしても、完済証明書がなければ、下取りの売却はできないので、ディーラーに任せるか、自分自身で動く必要があります。
一度に払ってしまえるなら、ローンの残りの金額分を払ってしまうと、新車に上乗せされることはなくなります。

 

ローンの組み替えをする場合は、限度額を超えてしまうとできない場合もあるので、ローンの会社との話し合いも必要になります。
組み替えをしたり、ローン会社の見直しをすることによって可能です。